読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心配性

私は元々心配性なほうで。

それが良い方向に向かうときもあれば、悪い方向に向かうときもある。

 

なぜか家を購入に至るときはこの「心配性」が作動せず自分の直感を信じてしまったふしがある…

 

 

最近は、ブログを始めた月初より「引っ越したい」気持ちが落ち着いている。

八幡さまの件もあるし、実際に引っ越すかどうかは別として、夫に私の気持ちをわかってもらえたことが大きいだろう。

 

落ち着いて考えてみても、まだ引っ越したいと思った理由は、人工の割りにショボいスーパーもかなり大きいんだけど、「不安」が大きいんだなと感じる。

 

将来、値下げをいくらしても売れなかったら?

将来、この坂道が上れなくなったら?

将来、コミュニティバスさえ走らなくなったら…

 

 

そんな不安があって、まだ築浅のうちに出てしまいたいとも思う。

 

 

思い立って鎌倉へ

とある休日、鎌倉へ行った。

わが家からだと、乗り換えなど若干面倒だがトータルで30分。

電車の乗車時間は15分程度で、電車も都内に向かうのとは違い空いているので非常に快適だった。

 

今まで行かなかった理由は、特別こどもが遊べる場所もないから。

出先にはこどもが遊べる場所がないと、もて余してしまう…

 

 

でもなぜか、今日は行ってみようかと思った。

土曜なので案の定混んでいたが、八幡宮へ行った。

私は初詣もできていなかったので、それも兼ねてちょうど良いと思った。

 

参拝をして、おみくじをひく。

 

大吉だった。

 

転居の部分には「いつしても良い」みたいなことが書いてあって、

 

心の中のモヤモヤがすーーーっとひいていく感じに思えた。

もしかして、八幡さまに呼ばれたのではないか?なんて。

 

実際、久しぶりの鎌倉はおしゃれなお店も多くにぎわいを見せていて、こんな素敵なところにすぐこれるなら、今の住まいも悪くないのではないか?

 

マイナスばかり考えていた私にこう思わせてくれた八幡さま。

 

引っ越しもありだよ、うまくいくからそう焦らずにゆっくり考えてごらん。

 

そう言ってもらえたようで。

 

また鎌倉行きたい。🆕🏠🆕

トースターは無事に売れた

先日のトースター、無事にメルカリで売却できました。

 

購入が実質4500円、売却が4500円。

ここから手数料や送料が負担になり実質3000円で売れました。

 

 

新しいトースターは9000円のちょっと高い部類に入るもの。

でも、満足しています。チーズトーストもうまくできたし。

 

 

今回のことで、「売るなら即行動」が大事なのではと考えた。

 

もし私がいつまでもこれで我慢していたら、結局売れなくなってしまった可能性が高い。

もしくは、半額程度になってしまったかも。

 

マンションも、今は築3年。

これって強みです。

 

新しい&修繕費の負担が少ない。

 

 

売りに出す、つもりで中古マンション、賃貸の情報を集めている。社宅には戻れないかもしれないけど、それも含めて。 

 

 

 

トースター購入で癖を再確認

最近、引っ越したいけど厳しい、という絶望感の中で少しでも気分転換をしようとスマホでポチポチ買い物をしていたところ、オーブントースターが目に留まりました。

 

なんだかレトロで可愛く、値段も4800円とリーズナブルなウマパントースター。

今のトースター は壊れてないけれど、もう8年目でとりきれない汚れもあるし、この価格ならいいかな。

タイガーだし、1300ワットだし。

 

そう思ってる間に一度は品切になり、次に見つけたときは迷わず購入しました。

 

粗大ゴミに出したあと、新しいトースターを設置。

 

普通のトーストは問題なく、速く焼くことができました。

問題はチーズトーストです。

わが家は子どもにチーズトーストをよく出すのですが、それがうまくできない。

 

今までだったら3分ほどでパンもチーズも良い感じだったのに、パンだけ焦げたり、サーモスタットで20分近くかかってしまったり…

 

色々試して、うまくできないので新しいうちに売ってしまおうと思ってます。チーズトーストできなきゃ意味ないくらい、朝食の定番なんです。

 

この一連の流れが、今回のマンション購入とそっくりで…

 

私ってこういうやつなんだなぁと再確認しました。

 

たいして不便ではないのに思いつきで見て、写真のおしゃれさに惹かれて欲しくなり、レビューやメーカーで信用して、なくなればもっとほしくなって、購入。

安いので失敗しても痛くない、とも思ってました。

 

これはトースターなので、売れなきゃ売れないで使うし、親がもらってくれれば譲ることもできる。

 

数千円のものの同じ感覚でマンション購入しちゃうなんて、、、

徐々に感じ始めた暮らしにくさ

売買契約を結び、引っ越しまでの2ヶ月。

はじめは新しくする家具のこと、カーテンやキッチン用品選びが楽しくて、夢と希望ばかりでした。

 

引っ越し2週間前、次男妊娠がわかり、つわりで引っ越し準備はおろか長男の世話もつらい状態に。

 

ただし、引っ越しはもう決まっていて待ったなし。   (それでも、今だったら引っ越しは辞めるように言いたい…)

 

あわただしく、引っ越しました。

翌日から気分はどんぞこ。徒歩3分のとこにコンビニが3件あったところと違い、10分下らないといけない。もちろん下ったら登らないといけない。

マンションのショップはありますが、コンビニとは全然違います。お握り、惣菜はなく、冷凍ものはアイスのみ。

 

 

5分電車にのれば屈指のショッピングセンターがあったのに、5分で行けるのはイオン。古びている上に混んでる。

体が自由にならないこともあり、ものすごい閉塞感でした。

 

 

社宅はありがたいことに3万ほどで住んでいたのですが、ここのローンは月に10万。

 

不便な上、支払いも増えて…

 

 

 

戻りたい気持ちばかりでしたが、とりあえずは次男を無事に出産すること。

体が自由になれば、もう少し行動範囲も広がり、こんな閉塞感はなくなるだろうと思ってたのです。

 

 

どうしてここを買ったのか

社宅に住んで8年目。長男が1歳を迎える年でした。

 

社宅にはなんの不満もありません。古いですが、慣れてましたし渋谷へ30分程度の場所です。まわりは平地で、映画館以外はなんでもあり、再開発もすすむ地域でした。

 

でも、「10年過ぎたら社宅は出てけと言われるらしい」という「噂」と、いつまでもいられるわけではない気持ちと、念願の赤ちゃんだったので子育てをした家で一生暮らしたいと思って、なんとなくマンション探しを始めました。

 

条件は地元神奈川県内、主人が都内通勤なので可能な場所、3000万程度。徒歩10分。

中古はどう探せば良いのかわからず、とりあえずモデルルームがあって大々的な広告をうっている新築マンションに絞りました。

 

1件目。

坂がずーーっと続く丘の上のマンションで、いくまでに無理だと判断したものの、ローン計算でいまの私たちでも購入できるということがわかりました。

素敵な新築のマンション、一気に手の届く存在に感じました。

 

2件目。

ここが今のマンションです。

もともとは海に近い場所は津波が怖いので避けていましたが、高台の立地で心配ないとのこと。

実際に入居した棟は未完成でした。

そして、大きかったのは1件めの「私たちでも買える」と思った額より400万も安いのです。こんなに安いならローンの負担も少ないだろうと思いました。

家までは坂道ですが、1件めと比べて緩やかだったので、苦にはならないと思いました。

 不安だったのはエントランスまでのエレベーターの待ち時間や使い勝手でした。

駅前はそこそこにお店があり、さらに市の再開発推進地域であること、最近1000世帯越のマンション供給があったのでこの先発展するだろうと思ったのです。

 

3件め

2件めの家の近くに、同じくして売りに出されているマンションがありました。

既に2件めのマンションに決めかけていたので、比較のために訪れました。

駅までのフラットな道のりは良かったですが、歩道のない車通りのある道があることや、マンション自体の仕様はあまり惹かれず。

 

4件め

社宅から徒歩の距離にあるマンションです。

都内になるので、狭い&1000万くらい高い。

都内の暮らしやすさの有り難みを忘れていたので、これなら引っ越さない、と検討外でした…

 

 

そんなこんなで検討をはじめてからたったの3ヶ月で購入してしまったのです。

 

ここの坂道は老後の不安はありました。でも価格が安いので、売っても大きなマイナスにはならないと思いました。