読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像していた以上の物件

思い立ったが吉日。

本日、新築社宅を実際にみてきた。と、言っても工事段階(ほぼ出来上がってるが)とアポなしなので外から眺めるだけ。

 

まず、駅が改装されていたことに驚き。私が住んでいた8年、パッとしない駅で駅前も狭く、まぁ、普通の各停停車駅といった感じだったのが、なんととーっても広くなり多量の駐輪場も工事中。

 

そこから約7分で、現地へ。Googleでみていたけれど実物は「………」夫と二人で絶句。

 

絶対ここに住みたい。

 

駅までの道はまっすぐ平坦。車も通るが、道が広い。

目の前にスーバー。

目の前にJR駅へのバス停。

 

昔の社宅は築30年で、社宅なんてそんなもんでしょと思ってたのが、なにこれ普通の新築マンションじゃん…

 

引っ越せば夫の通勤は15分程度になる。ただし、2~3年後は他の場所に行くことになるが。

私としては、育児を手伝ってほしい「今」、はやく帰って来てくれるのは魅力だ。

 

もともと、今のマンションから出たいと言ったのは私で、夫の意思ではなかったが、さすがにこの社宅には心がざわつくと言っていた。

 

家に帰って来て、もう1度、引き寄せの法則を検索した。

 

もしかしたら、この新築社宅は引き寄せの法則で引き寄せたのでは?

そう思ったら妄想がしやすくなった。

 

具体的に、想像してみる。

 

2月末の申込には間に合わないので、3月中旬に出ていた残り12戸の募集に応募し、当選した。

当選したのは南向きの4階で、縦リビングの部屋。

引っ越しは5月中旬になるので、相場の9割で買取りしてくれる不動産業者にお願いした。

 

 

 

妄想しているうちに気持ちに変化が。

売れたマンションなのだから、掃除をしなくちゃ。ものは増やさないように。

 

今のマンションを、客観的に見れるようになっていた。ここが売れなきゃいけないわけだけど、それを願っているのだけど、少しさびしい。

こんな風に思うと思わなかった。もっともっと、嫌で仕方なかったはず。

 

不便の上にある自然や海なんて、いらないと思っていたが、こどもとの生活のなかには「都会の便利さ」より「郊外の自然」がしっくりくるようにも感じた。

 

2年分の思いでがつまったこの家にも愛着があって、感謝をするようになった。