読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザでダウン

Nを見に行った日の夜、主人が「熱っぽい」といった。体温は37度。

Nをみて、近所のおおきな公園でこどもたちを遊ばせた。気温は最高10度で曇りの寒い日だったから、風邪をひいてしまったんだと思った。

 

しかし、普段なら翌日に解熱しているはずが、まだ37度。

 

この後、次男が発熱し、病院でインフルエンザに感染していることが発覚。

急いで主人にも連絡し、病院での検査はインフルエンザ。予防接種をしていたので症状が軽く、熱もあまりあがらなかった。

 

ここまでくると、家族の私たちはかかるの待ち。

 

長男は翌日に発熱、私は、主人が熱を出してから5日後の土曜日に発熱した。

 

土曜日の9時頃から熱がでたので、病院は土日は休みだし、一番きつい状態で2日も過ごすのは嫌だ。

 

「明日には回復している」

 

そう思うことにした。

 

たまたま主人は休みだったので私はゆっくり横になって休むことができた。熱はどんどんあがる。時刻は11時を過ぎたところ。

 

 

「病院を調べよう」

 

土日は休みだと思ってたのが、一応調べようと行動した。

 

ほとんどが午前までだったが、1件、午後もあいているクリニックが見つかった。

 

午後1番に駆け込み、検査の結果はもちろんインフルエンザだったので薬をもらう。

 

 

そして今が、「明日は回復している」と願った明日なのだが、回復とはいわないまでも37度程度で落ち着いている。

 

あのとき病院に行かなかったら、今夜も38度を越えて眠れない夜になっていただろう。

 

 

「思考は現実化する」

 

今回の出来事は、思考が行動へ結び付いた分かりやすい例だと思う。

明日にはよくなると望まなかったら、病院は探さなかった。

 

この経験を経て、私は自分の人生でおきた二つの不思議なことにこの「引き寄せの法則」が使われていたのではないかと気づいた。

 

この法則のことを知る、ずっと前なのだが。