読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児に行き詰まって引っ越ししたい気持ちが強くなった

3歳6ヶ月と1歳6ヶ月の男児を1日家でみてるのは、そろそろ限界だ。

 

祖父母の助けこそ、ここぞというときにしか使えないものの、主人は育児に協力的。

1日録画したおかあさんといっしょやしまじろうを流しているし、ご飯は冷凍食品やお総菜をバリバリ使っている。

 

 

それでも、夜はこどもと寝落ちしてしまうほどぐったり。

 

2歳しか離れてないので、「一緒に遊ぶ」時間は少なく、遊びの対象が全て私になる。

長男の「おかあさん、なんでバナナはきいろなの?」的な質問は朝から晩までエンドレスだし、延々とプラレールや恐竜遊びに誘われる。ちょっと待ってねと言って、聞くときもあるが大騒ぎされることもある。

 

プラス、次男も家事の途中でだっこーだっこーと足に絡み付き、仕事にならないので家事は中断。

 

こんな中でもご飯の支度、食べさせて、後片付けを3食行い、掃除、洗濯、お風呂にいれて、着替えさせて…この繰返しだ。

 

私は息抜きできる場所に行きたかった。

今の土地は、私の息抜きにもなるような場所へ行くには上り電車に乗らないと行けないため、平日の昼間でも混んでいた。

 

必然と電車に野らなくてよい、近所の公園になる。

こどもの興味の対象が外に向くだけで、だいぶ楽なので40分離れた公園にもたくさん連れていっていた。

 

 

引っ越せば、息抜きできる場所がたくさんある。私はそれが目的だったのかもしれない。